• follow us in feedly
  • 読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

    肌の綺麗な女性はすきですか

    わたしは肌が汚い。

    全体的に赤らんでいて、毛穴も目立ち、特に頬周りから顎にかけて(フェイスライン?)が、ぶつぶつだらけだ。

    平日は肌に負担の少ないBBクリームを薄く塗るだけだけど、出かけるときは、念入りに下地やファンデーションを塗り、おしろいをぱたぱたはたいて、できる限り肌のでこぼこが分からないようにしてる。 だけど。 やっぱり、本物の肌の綺麗な子には到底かなわない。

    透明感のあるぷるぷるな肌。 のどから手が出るほど、わたしはその肌がほしい。

    手入れはしっかりしてるつもり。 メイク落としはジェルで優しく2回ほど。ホイップ状の洗顔で〜〜なんたらかんたら〜〜のあとの保湿。 もちろん枕カバーは毎日洗ってる。

    でも、フェイスラインの荒れは変わらない。ネット情報だと、ホルモンバランスの乱れだとか。 確かにわたしは生理不順で、黄体ホルモン量が相対的に足りないらしく、婦人科にかかっている。服薬を始めたのは先月からだけど。 どれだけ手入れしても、一向に効果は出ない。 人に横顔を見られるのが恥ずかしい。 これは治るんだろうか。

    肌の悩みの始まりは、もうずっと前から。 小学生の頃から赤ら顔で、いつも「ほっぺにりんごが入ってるんちゃうの〜?」とからかわれた。 中学生の頃は、思春期であると同時に、家が荒れはじめた時期でもあったからか、相当ひどい状態だった。 今もケロイド状のニキビ跡があるけど、とにかく顔全体がニキビだらけ。朝起きたら枕元に血が付いてるほど。毎日顔のどこかのニキビから血がでてたから。 今思い出してもあれは泣きたくなる。

    炎症をおこして腫れたニキビ。顔を洗うのが痛くて痛くて。 皮膚科に行ったけど、効果がないどころか悪化するだけ。

    高校生になると、中学よりは落ち着いた。「血だらけでこぼこ」から、「ぶつぶつ赤ら顔」になる。

    大学生になり、やっと家元を離れたら、とても肌の調子がよくなった。 もちろん肌が綺麗な人からすると、まだまだざらつきはあったとしても、自分の肌人生の中で、1番綺麗だったと思う。皮膚トラブルらしきものが少なかった。

    でも、就職してから退職するまでの間に、かなりひどいことになる。 当時は生きてくのに必死すぎて、悪くなる過程をまったく覚えてないのだけど、気づいたときには顔全体が真っ赤で、でこぼこ、ぶつぶつの炎症ニキビ、吹き出物だらけ。毛穴は開きっぱなしで黒ずむ。中学生のときとはまた違ったひどさ。

    今は、退職後の状態より幾分マシになった。毛穴は閉じてきたし、フェイスライン以外はぷつぷつくらいで落ち着いてる。 ただ、フェイスラインはあまり改善はみられない。

    もちもち、つるつる、うるうる肌の人に、本当に憧れる。 どんなに高い服やアクセサリーで着飾っても、結局肌が汚いと魅力が半減する。 あと、髪の毛のツヤもかな。

    肌や髪などの美しさこそが、女性の魅力だと痛感してる。

    悲観的にならず、スキンケアとヘアケアを続けていくよ。 来週から離島へバカンスに行ってくるので、すっぴんを気にせずはしゃいでくる。 それから日焼け後のスキンケアを忘れずにするよ。 わたしゃ、がんばるよ。